トップページ > ご利用ガイド > コンタクトアシスト > 新規開拓のコツ②アポ取りはお問い合わせフォーム営業で効率的に!

新規開拓のコツ②アポ取りはお問い合わせフォーム営業で効率的に!

コンタクトアシスト



新規顧客開拓のコツ2-アポ取りはお問い合わせフォーム営業で効率的に

新規開拓において、営業マンにとって何よりも大切なのが「アポ取り」です。
しかしこの第一関門を突破するには、時間も労力も要します。

アポ取りがうまくできなければ当然営業もうまくかないどころか、逆に悪い印象を与えてしまい、営業成績も伸びません。
おそらく営業マンにとっては最も大変な行為のひとつではないでしょうか。


今回は商談のアポイントをなかなか貰えず、契約に繋がらないという営業の悩みをもつすべての営業マンにお伝えしたい、「アポ取りのコツ」をご紹介します。




従来のオールドスタイルな「アポ取り」

従来の営業スタイルでは、下記のような方法でアポ取りが行われてきました。


1. 電話でのアポ取り(テレアポ)

営業リストを元にした電話でのアポ取り、通称「テレアポ」。
電話でのアポ取りは声や伝え方の印象だけで相手に判断をされてしまうため、短い時間で簡潔に要点を伝える話し方やビジネスマナーが最も大事です。
だらだらと要点が分からない話や、一方的に自社の商品・サービスの案内をするといった、相手にとって全くメリットのないトークでは切電されるリスクが高まるので注意が必要。

テレアポの成功率は0.3~5%が一般的といわれています。




2. メールでのアポ取り(メールアポ)

メールでのアポ取りは件名が最も重要です。
顧客は1日に何通ものメールを受信していることから、メールが埋もれてしまったり、多くの人は件名でメールの内容を判断します。
したがって件名がいい加減な場合や、要点が分からない内容だと、本文にどれだけメリットのあることが書かれていても、自分にとっては必要な情報ではないと判断し、そのまま削除されてしまうことが大半です。
アポイントをお願いする際は件名に【アポイント希望】といった要件を分かりやすく表記することが大切です。

メールでのアポ取りの成功率は一般的には0.1%〜0.3%程度(※)と言われています。


※過去に名刺交換等の接点がない場合


3. 飛び込みや訪問でのアポ取り

文字通り、飛び込みや訪問で次回のアポ取りをするスタイル。
しかし、いきなりの訪問は顧客にとっては唐突すぎてなかなか話を聞いてもらえる確率は低いと言われています。
「結構です」「忙しい」「興味がない」「必要ない」「お金が無い」…といったお断りのケースが多く、あなたが提案したいサービスや商品の紹介にまで話が及ぶケースはほとんどないと言えるでしょう。
先述の通り、顧客は「騙されたくない」、「必要のないものを売り込まれたくない」と思っているため、突然やってきた内容のわからない営業は『お断り』になるケースが多くなります。








上記のいずれの方法も、アポ取りの成功率は非常に低く、そのうえ数を打てば当たるという考えではマンパワーも時間もかかってしまいます。
さらに、リソース不足を補うためにテレアポ代行サービスやメール配信サービスを利用した場合は、件数によって依頼コストが増加してしまうことも。

また、特にテレアポや飛び込みの場合、情報を届けたいキーマンにまで繋いでもらえるケースは稀で、大方の場合は門前払いという事が少なくありません。
顧客は「自分にとってその情報が有益か否か」という視点でアポイントの判断を下すからです。
その一方で、「会ったら売り込みをされる」と思う内容は顧客に警戒心を抱かせてしまい、アポイントを避けられてしまいます。

では、上記のようなジレンマを解消するには一体どのような手法がアポ取りに最適なのでしょうか?





「問い合わせフォーム営業」でのアポ取りは開封率・精読率が高い

そこで今注目を集めているのが、企業のホームページにある「問い合わせフォーム」からアポ取りをするという営業スタイルです。
問い合わせフォームは企業の窓口になっており、ほぼ確実に開封されるため精読率が高いという傾向にあります。
そのため、自社にとって有益な情報や提案であれば、顧客は「一度会って話をしたい」という気持ちになり、アポイントにつながります。

そのためには、何よりも事前に見込み顧客のことを知り、顧客にとってメリットのある提案ができる内容を意識することが大切です。

“もうちょっと話を聞いてみたいな・・・”と思ってもらえたところでアポイントにつなげるなど、内容次第でその後の受注確度が確実にアップします。







お問い合わせフォーム営業でのアポ取りを効率的に行いたい方に

しかし、いくら開封率や精読性が高くても、各企業サイトのお問い合わせフォームへ1件1件人力で作業をするとなると、こちらもまた膨大な労力と時間が発生します。
そんな時にはツールを使って見込み顧客へのフォーローに回すリソースを確保しましょう!


FutureSearchの問い合わせフォームからの営業代行サービス「コンタクトアシスト」を使えばアポ取りの時間とコストの悩みを一挙に解決できます!

お問い合わせフォーム営業代行「コンタクトアシスト」とは?

コンタクトアシストサービス3つのポイント


企業担当者の目に留まりやすい、企業HPのお問い合わせフォームを使った営業メール自動送信機能である「コンタクトアシスト」では、 面倒で時間のかかる繰り返し入力作業の手間軽減を実現いたします。

使い方

送信先のリストと送りたい内容を用意するだけでOK。
あとは3営業日以内に配信完了するのを待つだけです。
空いた時間は他の業務に回せます。



興味を持ってくれた企業がわかる「トラッキング機能」

また、メッセージ本文には「トラッキングURL」入れることができます。
自社の商品やサービスサイトなどを紹介したい場合にご利用いただけばメッセージを見てどの企業が興味を持って足を運んでくれたのかが一目瞭然。
直接反応がなくてもテレアポなどでフォローをすることでさらにアポ獲得の確率UP!




営業リスト作成代行サービス利用で残業98%削減!
「1日8時間労働」の最大効率化を実現

ある企業では、新規顧客開拓の際に「架電によるアポ取り」を採用していました。
しかし、経営者情報をお届けしたい方へは繋いでいただくことが難しく、途中で企業ホームページのお問合せフォームからのアポ取りへと切り替えを行うことに。

担当者は1時間で100社ほどへのアプローチを行っていましたが、他の業務もあるなか、空いている時間でしかアプローチができないため、マンパワーという点で課題を抱えていました。

そこで、企業HPのお問い合わせフォームに自動アプローチができるFutureSearchの「コンタクトアシスト」サービスを利用したところ、届けたい情報を届けたい顧客へ届けるためのアプローチ時間が圧倒的に短縮され、業務の効率化が実現でき、既存のお客様へのフォローなど他の業務に取り掛かることができました。

導入事例の詳細はこちら




このように、企業のお問合せフォームへ一斉メール送信ができるFutureSearchの「コンタクトアシスト」サービスを利用すれば、「アポイントが取れない」「アポ取りに時間がかかる」「経営者や決済者など、情報を届けたい人に届けることができない…」といったお悩みを一挙に解決することが出来ます!

コンタクトアシストは、依頼後3営業日以内に送信完了できるため、タイムリーに「今このメッセージをこの企業リストに送信したい!」が叶えられるサービスです。
コンタクトアシストからの反応率は、平均0.5〜3%となっており、ターゲットのニーズにマッチしたメッセージ内容を送信できているケースでは5%の反応率といった場合も!
営業リソースが足りない企業や、従来の非効率なアポ取り手法で困っている営業マンの味方です。

営業効率化のソリューションのひとつとして、FutureSearchの「コンタクトアシスト」をぜひご利用ください!





関連記事:「お問い合わせフォーム営業」で使える!反響率の高いメッセージの書き方






  • share
  • twitter
  • facebook
  • facebook

本当に出会いたかった顧客へ確実にアプローチできる
高反響・高効率な営業支援を体感してください。

\ データプラスのご利用もこちら /

プランお申込みはこちら