トップページ > ご利用ガイド > コラム > そのダイレクトメール(DM)、マンネリ化してませんか?【お問い合わせからの新アプローチ】

そのダイレクトメール(DM)、マンネリ化してませんか?【お問い合わせからの新アプローチ】

コラム

企業からの営業アプローチとして日々行われている「ダイレクトメール(DM)」。
メールや郵送、FAXといった手段で顧客へアタックすることが多いのではないでしょうか?

しかし、これまでの方法では、読まれずに削除されたり捨てられたりとなかなか思うように反響率が伸びないことが多いのではないでしょうか?
今回は、ダイレクトメールの新たな切り口である企業ホームページの「お問い合わせフォーム」からのアタックについてご紹介いたします。

これまでのダイレクトメールの限界

これまでのダイレクトメールとして、メールや郵送、FAXといった手段が考えられます。
経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査」によると、折込み・ダイレクトメールの売上高は近年横ばいであり、成長が伸び悩んでいます。

Image from Gyazo

「特定サービス産業動態統計調査」(経済産業省)
(http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html)をもとに株式会社FUTUREWOODSが作成

「お問い合わせフォーム」からの高反響な新アプローチ

このように成長が伸び悩み、マンネリ化してしまっているダイレクトメールの新アプローチ方法として、企業ホームページの「お問い合わせフォーム」へアタックする方法があります。

お問い合わせフォームは、企業の問い合わせ窓口であるため、企業側はほぼ確実に開封し、開封率・精読率が高くなる傾向があります。
そのため、既存のダイレクトメール手法と比べ、読まれずに削除されたり、捨てられたりすることが少なく、キーマンの目の留まる確率が高くなります。以下は、弊社FutureSearchサービス導入企業様の実例です。

ダイレクトメールの手法と反響率

Image from Gyazo

※1:各ダイレクトメール手法におけるアプローチ数に対するサイト訪問や資料請求等があった営業可能となった顧客数の割合(ダイレクトメールを送る業界により結果には差があります)

手間の多いお問い合わせフォームからのアプローチを簡単に!

お問い合わせフォームは反響率が高い一方、企業によって「入力項目」や「レイアウト」、「お問い合わせフォームのあるぺージ」などが様々に異なるため、手作業で1つ1つダイレクトメールを送るのは非常に手間がかかり、作業コストが高いです。

弊社FutureSearchサービスでは、これまでのダイレクトメール営業よりも反響率が高く、作業コストがかからないお問い合わせフォームからのダイレクトメール営業を実現します。
「営業リスト(営業対象の法人リスト)」と「お問い合わせ内容」を作成するだけで企業の「お問い合わせフォーム」からのダイレクトメール配信を実現可能です。

是非、貴社のダイレクトメールにご活用ください!

FutureSearchサービスは、高反響率、低作業コストなお問い合わせフォームからのダイレクトメール営業を実現

Image from Gyazo

  • share
  • twitter
  • facebook
  • facebook

本当に出会いたかった顧客へ確実にアプローチできる
高反響・高効率な営業支援を体感してください。