ご利用のヒント

使い方を動画で見る

ビジネスサーチをより効果的に使えるヒントを
ケースごとにご紹介します。

CASE:1

法人営業向けITサービス会社 Aさんの場合

個人の会員顧客を保有している企業を探すため

アロマオイルを使用したエステサロンの運営及び経営をしている企業をリストアップしたい

キーワード設定方法
  • 「アロマ エステORマッサージORサロン 運営OR経営」と入力
  • 検索範囲:事業概要
  • 絞り込み条件:設定なし
CASE:2

人材紹介会社 Bさんの場合

SES事業のパートナー企業を探すため

同業種でパートナー募集をしている企業をリストアップしたい

キーワード設定方法
  • 「SES パートナー」と入力
  • 検索範囲:すべて
  • 絞り込み条件:エリア「東京都」/業種「情報通信業」
CASE:3

旅行会社 Cさんの場合

訪日外国人向けのイベント周知のため

訪日外国人向けの広告・集客を行なっている企業をリストアップしたい

キーワード設定方法
  • 「広告 インバウンド」と入力
  • 検索範囲:事業概要
  • 絞り込み条件:エリア「東京都」
CASE:4

不動産会社 Dさんの場合

新たな福利厚生施設・設備の提案のため

独身寮や社宅などの福利厚生を所有している企業をリストアップしたい

キーワード設定方法
  • 「独身寮OR社宅 完備」と入力
  • 検索範囲:すべて
  • 絞り込み条件:エリア「東京」

例えばこんな時に
コンタクトアシストがお役に立ちます。

CASE:1

web制作会社 Aさんの場合

新規の法人見込み客に
なるべくパワーをかけずに効率良くあたりたい

これまでは

方法

リストアップした法人へ1社ずつ営業マンが
直接TELがけをしていた。

課題点

担当者がつかまらないケースも多く、
見込み法人を探す効率がなかなか上がらない。

営業効率

UP

コンタクトアシストを使って

リストアップした法人に対して自動的に1次アプローチ!
ここで反応のあった企業に対して営業マンがTELがけ。

CASE:2

イベント企画会社 Bさんの場合

イベントの法人集客を
短期間に集中的に低コストで実施したい

これまでは

方法

既存のリストに対して一斉にEメールを送り
反応を待っていた。

課題点

不達メールで戻ってくるものや
そもそも開封されないメールも多く、
反応率が減少しがちになっている。

反応率

UP

コスト

DOWN

コンタクトアシストを使って

ビジネスサーチで抽出した新規リストと既存リストへ
自動アプローチ!

今まで出会えなかった未知の営業先とすぐに出会える
新しい検索体験を体感してください。

FutureSearchご利用について
ご質問・ご要望がございましたら
お気軽にお申し付けください。

料金プランや使い方についてお悩みの方は
画面右下のお問い合わせからご質問ください。